5年になってから、漢字の採点が厳しいです

先日、ムスッコがサピで国語の授業を受けてきました。

漢字が××××……と怒涛のダメ出しで、今まで国語では見たことがない点数を叩き出したので事情を聞きました。

 

●新5年になってから、漢字の採点がとても厳しくなった

●二度書きしてないけれど、そう見えるだけで×

●間違えたら、空欄やノートに複数回書き直しの指示

 

いよいよ高学年に入り、徐々に知識を固めるモード突入ということなのでしょうか。

ハハとしてはありがたいと思いますが、ムスッコ的には「いきなり厳ちいよ……」と少々ご不満のようです。

 

実際、3年の頃は甘い点数づけだったので(いつだったか、太陽の「太」が「大」と書いているのに〇をもらってきていて、ハハもこの先生大丈夫かなと心配したものです)

 

そんな”厳ちさ”を感じたムスッコですが、そんなさざ波程度の出来事で改心するわけはありませんでした。昨日も友達を誘って家でゲーム、そして習い事に行き夜に帰宅。夜は1時間ほど勉強しました。つまり週末のテストへの危機感は『ほぼゼロ』です。

 

どうなることやら……生温かく見守るしかありません(汗)