マンスリーからの解放感を味わうのは1日だけ!

サピママです!

 

先週13日(水)に10月マンスリーテストが終わり、親子でようやくほっとした1日でした。が、次の日からはまた平常運転です。

 

今週の算数が総合回なのは、本当に助かりました。(サピックスってこういうところをうまくカリキュラムを組んでいるんだなぁ……と思います)とはいえ、総合回も難しいので、なかなか★3は解けません。秋以降の算数の難化に振り落とされないように基礎を徹底的にやります。

 

とはいえ算数はまだ大丈夫ですが、今なんといっても心配なのは「理科」。理科が一番足を引っ張るムスッコは、やはり勉強する時間も一番かかっています。見ていても楽しそうじゃない。4年は理科が好きでわりと得意でしたが、5年に入り計算も入るようにあってから低迷中。(よくわかるのがデイチェで点数がとれなくなったこと)

でも仕方ないですね。5年はガマンの1年です。ここをうまく乗り切って6年につなげたいです。

 

一方、社会は趣味の域にいったのか、楽しそうにテキストと歴史資料集をとっかえひっかえ読んでいるのでこのまま放置です。ただ、漢字の書き取りだけはテキストを私が採点するようにしています。小学生の誤字は予想以上に多いです。しかも、何度も同じ漢字を間違えます(苦笑)仕方ないですよね(^^;)

 

それにしても。

10月マンスリー社会の「かな文字」に関する問題。あれは歴史資料集にそのまま掲載している文言で、選択肢の「ア」と「イ」で迷わせる問題でした。解答は「イ」でしたが、ムスッコは納得いかなかった様子。

かな文字は一般的には女性が使う文字として習うはずですが、当時の男性が使っていたということが資料集には載っておらず、ネットで調べるとどうやら藤原道長の『御堂関白記』ではかな文字を使っていたという記載があり驚きました。え、サピの社会の先生、まさかこういうところから作問したんですかね?(汗)

 

国語は秋からどんどん難しくなるので、どんな解放を習ったのか少しは見ておきたいところですね。最新のテキストでは手紙の書き方も出ていましたが、季節の時候や手紙の書き方の基本など、SNS世代の小学生にはますます馴染がなくなるであろうものも積極的にテキストで扱われているところに、サピ国語のすばらしさを感じます。

 

我が家は頭抜けた教科が特にないので、とにかく4教科どれも崩れないように、なるべくバランス良く勉強をして基礎力をつけるように意識しています。この調子で少しずつジワジワと上がっていきたい!(笑)上がってー!(汗)

 

【サピックス5年】10月マンスリーテスト自己採点

サピママです!

昨日は5年生の10月マンスリーテストでした。

帰りの電車の中で、いつものメンバーで自己採点をしたそうです。

 

【テスト自己採点結果】

算数:↑↑(算数復活?)

国語:↑(わりと安定している?)

社会:↑(歴史になり面白くなった?)

理科:↑(難しい単元ばかりの中、堪えた?)

4教科:↑↑(夏期マンスリー+70点?)

 

夏期マンスリーで親子ともに震えるほどのしくじりを経験した上での(↑↑)ですが、これで最大クラスUPをして、結局元のクラスに戻ることになりそうです。

 

ムスッコもこの1ヶ月、よく耐えた……

学校も通常授業に戻り、行事で疲れも溜まる中、それでも毎日4教科をコツコツとがんばりました(涙)

 

【感想】

・国語の「降臨」は書けなかったそうですが、仕方ないかもしれません。(※今回ムスッコは「光臨」と書いたそうです。わかる~笑)

・今回、知識問題を全問取ったのは(我が家的には)大いに褒めたいポイント。

 

・社会は全体的に易しく感じました。地理も手を抜かないで良かったです。ラストで「地図記号出るかも」というハハの予想は見事に外れたようです(笑)

でも、今後地理レベルで難しくなると思われるので警戒は必要です。それにしても、あれほど「注意してね」といった問いで、見事に問題文の読み間違えをしていました。簡単な問題で2問落としていなければ9割行ったので、もったいない失点となりました。

 

・算数は基礎問題を丁寧にゴリゴリ反復したおかげか?「手がつけられなかった問題はなかった」とのたまうムスッコ。ムスッコでそうなので、算数ができる子は高得点になったことでしょう。(羨ましいです……)

 

・理科はムスッコにとっては4教科の中で一番難しかったようです。単なる理解不足の積み増しで、小さな失点を重ねていました。

 

帰宅後、久々にゲームをしていました。嬉しそうです!そりゃそーです。久々の『えーぺっくす』ですw

 

今夜だけ肩の力を抜いて……

次は2回目のSO!!

 

 

 

ようやく学校説明会に予約。そして10月マンスリー対策

久々の更新となります。

サピママです!

 

先日、やっと念願の学校説明会に予約ができました。

今まで枠を取れたことがなかったので、先輩ママに相談したところちょっとしたコツを教えてもらいログインしたところ、本当に取れて感動しました(笑)

 

10月は駒東のWEB説明会(ライブ)、開成の学校説明会、巣鴨の学校説明会&授業見学と、ようやく我が家も少しずつ前に進めていくことができそうです。

 

もうめぼしいWEB説明会はすべて視聴済みなので、あとはどれだけ現地を視察できるかかな、と思います。

 

もしかしたらムスッコの受験する2023も、まだコロナ対応で色々と制限が続いているかもしれません。子ども達がさすがにノーマスクで登校できるのはいつのだろうと、未来を想像する今日この頃です。

 

それはそうと、明後日は10月マンスリーテスト!

もうどうなることかわかりませんが、毎日淡々と親子で学習をする日々です。

ピントがずれていないといいのですが……こればっかりは自分だけ手応えを感じていても、いざマンスリーを受けると「あれ?」はよくあるので、未だに全く読めません。

 

点数が安定しないのは、やはりまだ10歳の子供だから仕方ないですよね。

ムスッコは本番にやっぱり緊張(というかプレッシャー)をするタイプのようなので、普段の学習時でそろそろ本番を意識するようにしたいと思います。

 

【算数】

テキスト20~24

20(総合回)がどれだけ出るのか気になります。21以降は淡々とやっていることがどこまで応用できるか……

 

【国語】

漢字を総復習し、未だに間違える漢字は大きく書いてリビングに貼り出し。

知の冒険をしっかりと復習しましたが、まだ尊敬語と謙譲語が一部あやふや?懸念材料になるかも。

 

【社会】

地理の総復習回はどこまで出るかが気になる。

旧石器時代平安時代まで。前期までの地理とちがって、歴史はおおざっぱに習うイメージを抱きました。(地理ってなんであんなに細かいのを出題するの?ってエグイ問題をよく出しますよね)

もしあんなレベルで歴史を出されるとちょっとなあ…と思いながらも、テキストを忠実に反復のみ。歴史年表トレーニングも。

 

【理科】

浮力、水溶液の性質、溶解度、動物の分類、電流の性質、と、どれもが濃いテーマ。

淡々とテキストを反復するしか方法が思い浮かばない。

 

 

 

 

 

 

新コースで頑張るムスッコと6年サピックスの時間割

サピママです!

寒い朝になりました。昨日は下校後にクラスメートと思いっきり遊んだ後のサピックスだったため、帰宅後は大急ぎで風呂&夕ご飯を済ませ、いつものルーティーン勉強を間引いてまわす1日でした。新コースでも腐らずに頑張っているようです。

当たり前ですが、結果は真正面から受け止めて、間違えたところを本番までにできるようになっていれば、我が家ではOKとしています。

 

6年の時間割のお知らせが来た

そういえば、先日サピックスからは6年のコースの時間割についてアナウンスが来ました。火曜・木曜が21時までになり、ついに土曜日特訓が始まります。

学校名の入る土特は直近のテスト結果が反映されるそうなので、秋以降グッと気を引き締めていかないといけません。(とはいえ卒業生保護者から話を聞くと、やっぱり一番重要なのは、SSだそうです)

こうしてジワジワと受験本番がやってくるんですね。

 

ワインが美味しい秋。親も息抜きが必要

最近、夜はワインを1~2杯飲んで緊張した神経を緩ませるようにしています。(そうでもしないと、仕事と中学受験で四六時中張りつめてしまう笑)

赤も白もロゼも泡も全部好きですが、今は白が美味しい気分です。

一昨日は数年ぶり(?)に貴腐ワインを抜栓しました。(貴腐ワインといえば、ディケム。また飲みたい…)

 

今日あたりは、キリッと冷やした美味しい白が良さそうです。そして、夜はムスッコの勉強の御供の後のリラックスタイムに飲みたいと思います。

 

 

 

佐藤ママの動画で壁打ち

サピママです!

 

佐藤ママの動画、いいですね~。すごく男前な見解ばかり!

「範囲なしテスト何を重点的に勉強する?」の回を始め、いろいろ聞いていると自分自身の壁打ちに役立ちます。

 

この夏、何がダメだったのか。

今後、何をムスッコと一緒に改善していけばいいか。

 

佐藤ママのアイデア、1つでも多く吸収したいと思います。

 

 

 

 

志望校診断サピックスオープンの結果

サピママです!

 

1週間前ほど前、SOの結果が出ました。

第1希望で入力した学校は40%、第2・第3はそれぞれ80%、それ以外の自由入力した学校も70~80%でした。(で、ですね、一応入れてみたかった男子最高峰校は、納得の20%でしたw)

 

SOってこんなに高く出るんだ……と感心しましたが、これに酔いしれている状況ではありませんでした。だって、今週からスタートする新コースではMAXまでクラス落ちしたのですから!!!(涙涙涙)

 

それでも、ムスッコも今回のクラス落ちは冷静に受け止めたのと、SOが思いの外良かったことでメンタルが多少なりとも救われたようです。

「ぼくは範囲のあるマンスリーは苦手だけど、範囲無しの方が得意だぜ」と、家ではイキっていました。

 

でも、ハハは内心不安ではあります。校舎長も仰ってましたが、「組み分けテストで点数が取れないのはいい。むしろ、マンスリーテストでしっかりと取るようにしてください」と。

 

うちのようなマンスリーテスト苦手っ子(1ヶ月以内に範囲をしっかり吸収しない、理解が遅めの子)はどうしても毎月のテストに苦労します。

親も子もまともにメンタルはやられますし、コースもMAX落ちるとモチベーションだってダダ下がります。(クラスで学ぶ学習内容やスピードもMAX落ちるとガラリと変わってしまうのもねぇ……算数のデイチェも問題違ってきますしねぇ……)

 

どうして組分けテストでは落ちない(または上がる)のに、マンスリーでは落ちてしまうんでしょうか。

 

こんな時、早稲アカさんのようにテスト1回の結果ではクラス昇降がない(と伺っている)塾だと、子供もそんなに毎月クラス移動せずに済むのかもしれません。

ムスッコを見ていると、どうも新しい単元は1ヶ月では不十分で、2~3ヶ月後にジワジワと応用・発展まで解けるようになっている気がします。

 

気分が落ち込んだので、久々に佐藤ママの動画を拝聴しました。いつもパワフルで率直な発言が気持ちイイので元気がない時、ハハとして反省したい時(自分に鞭打ちたい時など)動画を活用させていただいておりますw

 

三男君の灘中受験では19年分の過去問を解いたお話、東大の過去問は60~70年分(?)解いたお話、さらにはお嬢さんの東大受験時には100年以上の過去問など仰ってました。

東大の過去問を100年以上分集めることができるなんて、すごすぎませんか?

それに伴走しながら子どものペースに合わせてやらせていく佐藤ママのブレない姿勢に、クラスMAX落ちただけの私など、「で?やることやってから落ち込んでくださいね」と言われているようでした!(苦笑)

 

佐藤ママを見て我に帰る。

そうだ。我が家の最終目標は6年2月にどこかに合格すること!

今はMAXクラス落ちにへこんでいる場合じゃない。

やれることを整理して、今月ももうひと頑張りします。

 

 

8月マンスリー結果

サピママです!

 

8月27日に実施されたマンスリーテストの速報が出ました!

 

算数↓↓

国語↓

社会→

理科↓

4教科↓↓↓

 

いくら「夏の結果はすぐに出ない」とはいえ、今回の結果はムスッコにとって酷なものですねぇ……(^^;)

 

算数の解き直しをしたところプラス35点だったことからも、決して解けない問題ではなかったことが伺えました。ムスッコも、解き直しをして自分なりに分析をしていましたが、「うーん。力んでしまったかも。あの日いろいろ意識しちゃった」と感想を漏らしていました。

 

理科も解き直しをしたところ、もう少し取れたことがわかりました。一方、社会に至っては、「無理!わからなかった」だそうです。

 

国語は親子で答案を見ましたが、大問2⃣の知識問題で痛恨のミス3発。冷静に考えればわかる問いだったようです。

大問3⃣の選択肢問題では、文章の読み方を間違えていたので指摘すると、ハイハイと聞いていました。(まだ小5なので、文章の読み方をわかっていない点がありますよね)

 

明日7日は(たしか)SOの結果が出ます!

ムスッコ曰く、「マンスリーでこけた分、SOでがんばれた」そうなので、明日の結果を待ちたいと思います。